社内でロマンティックなカジノパーティーを開催する方法

同僚のみんなが楽しめるカジノパーティーを開催したいとお考えですか?そこで、社内イベントのテーマをカジノパーティーにしたときに役立つポイントをまとめました。

1.予算を立てる

最初のステップは、予算を立てることです。準備が進めば進むほど、どんどん費用がかさんでいきます。早めに予算を決めておかないと、完ぺきなカジノパーティーを開催したいがために、破産してしまうことになりかねません。

2.会場を決める

カジノパーティーは屋外で行うこともできますが、運悪く天候に恵まれない場合も考えられるので、なるべく屋外の場所を選ぶのは避けましょう。また、安全面を考慮しても、ゲストを収容できる屋内施設をお勧めします。

3.招待状を用意する

ただ開催場所や開催日時が記載された招待状ではいけません。イベントのテーマやドレスコードについても、招待状にきちんと明記しておきましょう。例えば、カジノロワイヤル風のパーティーを開くなら、男性社員には同テーマに沿った白と黒のネクタイのついた服を、女性社員には華やかなワンピースときらびやかなジュエリーを着用するよう指示しましょう。

4.カジノゲームを選択する

色々と配慮しなければいけないカジノパーティーですが、最も重要なポイントがゲームです。カジノゲーム選びには失敗が許されません。社員全員が楽しく遊べるように、万人受けするようなゲームを選びましょう。ちなみに、ブラックジャックとポーカーは、最も人気のあるカジノゲームの一つです。しかも、これらのゲームは一度に大勢でプレイできるので、プレイの順番待ちにさせることがありません。

また、ゲーム機器については、比較的リーズナブルな価格でレンタルすることができます。ポーカーテーブルとブラックジャックテーブルは最も人気があるため、レンタル料金も安いです。それに対して、ルーレットやクラップス用のテーブルの方が、若干レンタル料金が高くなります。ただし、ブラックジャックとポーカーは一度に6人〜8人しかプレイできませんが、クラップスは同時に12人から15人のプレイヤーで遊べます。

5.ディーラーを雇う

プロのディーラーは、カジノゲームのルールに不慣れなゲストでも最大限に楽しめるよう、サポートしてくれます。まだ予算に余裕があれば、プロのディーラーを雇い、参加者のゲームエクスペリエンスを向上させましょう。プロのディーラーを雇う余裕がない場合は、カジノゲームとルールに詳しい社員の助けを借りて、ディーラーとしてゲームのルールを全員に教えるようにお願いしましょう。

6.ドリンクでパーティーを盛り上げる

アルコールドリンクがないカジノパーティーなんて想像できますか?コーラやビール瓶が数本、ワインが数本では全然足りません。ウィスキーからジン、シャンパンまで、カジノパーティーにもってこいのドリンクをすべて揃え、全社員が夜通し楽しめるようにしましょう。

以上いかがでしたか?社内イベントとしてカジノパーティーを準備する際には、上記すべてを考慮する必要があります。カジノパーティーをロマンチックな雰囲気にし、思い出に残るゲーム体験を届けたいのであれば、上に挙げた6つの項目を見落とさないようにしましょう!